耳より情報


関連リンク


プロフィール

ネバギバ44

Author:ネバギバ44
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス漆喰!カルクウォール!!

本日もブログを見て頂きありがとうございます

(*^_^*)



山口県でリフォームなら、リフォームマイスター周南へ!
山口県で外壁塗装なら、ペイントマイスター山口へ!
山口県で自然素材|新築・リノベーションなら、むくむくはうす山口へ!


こんにちわ(^O^)
先週末より、我が家の内装の漆喰部分がはじまっております!
今日は材料についてご説明させて頂きますね♫
我が家で今回使用したのは天然スイス漆喰のCalkWall[カルクウォール]です!
なぜ、スイス漆喰にしたのかというと…
① 強アルカリ性でカビの発生を抑える
②調湿性
③消臭効果が決めてです!
スイス漆喰の主成分となるアルプス山脈の石灰層は今から2~3億年ほど昔、
海の生物であるサンゴやアンモナイトなどが蓄積して形成されたものです。
そこから採れる石灰石は水や空気をきれいにする作用があり、あらゆる生命を守っています。
こんな石灰石から作られるスイス漆喰は、製造からあるサイクルを通して
元の石灰石へと還る地球にやさしいサスティナブルでなおかつ、
二酸化炭素を吸収する優れた性質が知られています。
つまりスイス漆喰はこの再石灰化により、住宅に強固な石の壁を作るので、100年の耐久性があるのも道理です。
漆喰はヨーロッパ全域で3000年以上も前から現在まで、ごく当たり前のように使われている壁材です。
スイスでは特にアルプスから豊富に産出する、高品質な石灰岩を原料にした漆喰を使うことが現在でも盛んです。
古来からスイス漆喰の強アルカリ性や、調湿性、そして空気を浄化する特性は暮らしを
心地よく、快適に保つことが知られています。海に囲まれた日本の漆喰と違い、改装やスサなどを入れません。
スイス漆喰は石灰と石灰が直接結合しやすいように天然の添加物を最小限に絞ることで、
元の石灰石のように堅く丈夫になるのです。
そして、スイスでは漆喰は、王家のお城など高貴な場所での匂いや菌の繁殖を防ぎたい場所で使われてきました。
その理由がスイス漆喰の強アルカリ性と呼吸性です。
空気中の臭いの成分や有害な科学物質をスイス漆喰は吸着し、
またPH11以上という他にない強アルカリ性が匂いの成分となる有機物を分解してしまうのです。
だから、余計な匂いの付着を避け、香りを重視されるワインセラーでも良く使われています。
説明はこのくらいで…
実際の漆喰の様子です。
まずは分離している状態を混ぜていきます。↓
1C_0516.jpg
みるみる混ざり合ってきました!↓
1235621.jpg
こちらが完全に混ざり合った状態ですヽ(*´∀`)ノ
123_0520.jpg
この状態になったものを下処理した壁に塗っていきます✩
明日は作業風景を報告させて頂きますね(^O^)

ではでは☆

お問合せはこちらをクリック(*^▽^*)♫↓
RMSロゴ







周南市大字須々万本郷305-8
フリーダイヤル:0120-300-623
FAX:0834-88-2276

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ng44.blog.fc2.com/tb.php/209-12cc871a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。